バリ島にある巨大象

皆様こんばんは!

本日はバリ島ニュース!!
飛行機からも見える巨大象の正体は?

 28年にわたり進められてきたバリ島ジンバランのガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ像の建設がこのほど、完了した。高さ約121メートルで、総重量は約4千トン。9月22日にジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領が出席する完成記念式典が開かれ、バリ島の新たなシンボルとして国内外に披露される予定。  

 地元メディアによると、中国の魯山大仏、ミャンマーのレイチュンセッチャー大仏に次いで世界で3番目に高い銅像となった。
 像のデザインはインド発祥の叙事詩「ラーマーヤナ」に登場するヒンドゥー教の神・ウィスヌが、翼を広げた神鳥ガルーダに乗る姿。彫刻家などアーティスト約120人が建設事業に参加し、計754個の銅、黄銅製モジュールを使用。この規模の像では世界でも類を見ない緻密(ちみつ)な造形になった。
 像の建設はスハルト政権期の1989年に彫刻家のイ・ニョマン・ヌアルタさんが構想を立ち上げ、90年に政府から許可を得た。土地収用が進められ、97年に本格的な建設が始まったが、アジア通貨危機の影響で資金難に陥り中断。2013年に再開され、ことし7月31日に最後のモジュールが組み込まれた。

じやかるた新聞より引用。
とにかく大きい!!
大きすぎて、真下から見上げると何がなんなのかよくわかりませんでした( ̄▽ ̄;)

関連記事

PAGE TOP